在宅医療を望む患者さんは増えていますが、最期は病院で迎えると言う方が99パーセントと言う現実。在宅で看取りが出来る体制が望まれますね。

在宅医療を望む患者さんは増えていますが、最期は病院で迎えると言う方が99パーセントと言う現実。在宅で看取りが出来る体制が望まれますね。

在宅医療というものが一般的に認識されるようになり、患者さんたちが早く自宅に戻りたいという思いが叶えられるようになってきましたよねd(^_^o)

在宅医療のメリットは、やはり自分の慣れしたんだ家で、大事な家族と過ごす事ができ、自分らしい生活を営みながら医療が受けられるということです。

病院で医療を受けるということは、医療従事者に囲まれ、どんな事態にも対応してもらえる安心感があります(^o^)

しかし、病院での生活には制限も多いですし、同室の患者さんに気を使って疲れてしまうこともあります。

入院していれば、自由に過ごすことはできませんから、趣味を楽しむことも難しいですよね(;´Д`A

しかし、在宅にいれば患者さんは自由ですし、最期の時間もその人らしい余生を過ごすことができます。

一人暮らしの患者さんで、在宅医療を支える家族がいなければ、そんな在宅医療も困難な事が多々ありますが、在宅医療を支えるスタッフさえいれば、なんとかなることもあります。

だから、入院生活よりも在宅で過ごすことを希望される患者さんは、充実した日々を送ることができますよね。

しかし、実際に在宅を受ける事は家族にとっての負担が大きく、また患者さんの看取りを在宅で行うことへの不安もあります(;´Д`A

本来は、在宅医療に関わるドクターやナースなどが不安のないようサポート出来れば良いのですが、在宅医療に関わる医療従事者がまだまだ少なく、サポート不足な点があります。

在宅医療で看取りを行うとなると、サポートするドクターなどの存在が必要です。

しかし、在宅医療を行う開業医が少ないんですよね。

そのため、最期の看取りは病院で...となってしまう患者さんが、およそ99%というのが現実です。

在宅で看取りが出来る体制が早く整うことが望まれますね(´・Д・)」

2014年7月 2日|