国民皆保険制度はすごい!日本の医療は本当に恵まれていますね。

国民皆保険制度はすごい!日本の医療は本当に恵まれていますね。

日本では、歯医者でも一般の病院でも、とにかく病院に行った時にかかる費用というのは、3割負担が当たり前です。
全額負担なんて考えられないと思っています。
それは、国民皆保険制度のおかげなんです。
国民皆保健制度というのは、全ての国民が、何かしらの公的な保健制度に加入して、経済的な負担をかけずに、
治療を受ける事ができるという制度です。
働いている人の場合は、船員保険、共済組合などの社会保険の加入があり、社会保険に加入していない人は、
国民健康保険へ加入する事が義務付けられています。
働いていると、毎年社会保険や厚生年金など、結構な金額が給料から差し引かれてしまうのですが、だからこそ、
病気になった時には、全額負担する事なくすんでいるんです。

先進国と言われているアメリカでは、このような制度はありません。
国民全員が公的な医療保険に加入する、という制度が一切ありませんから、医療にかかる負担がかなり大きいんです。
民間の保険に加入するシステムなんですが、支払う料金が高く、皆が加入できるという訳ではありません。
その為、病気になっても医療費を支払う事ができず、受診できない、というケースが沢山あるんです。

日本に住んでいて、保険に加入するのが当たり前の生活をしていると、保険がないというのは考えられない世界です。
日本は本当に恵まれていると思います。
例えば、救急車を呼んだ場合、日本であれば料金が発生する事はありません。
しかし、アメリカの場合、救急車を呼んだだけで、何十万円という請求が発生するんです。
国民皆保険制度が確率しているからこそ、全額負担をする事なく、医療を受ける事ができるんです。
日本は本当に素晴らしい国だと思います。

2014年6月18日|