訪問看護の電話当番。夜中に大したことのない用事で電話が鳴ります。

訪問看護の電話当番。夜中に大したことのない用事で電話が鳴ります。

pixta_9424477_S.jpg
訪問看護の仕事って、病院の仕事に比べたら夜勤もないし、その割に時給の良い仕事で思わず始めてしまったのですが...。

実際は、想像以上にキツイ仕事だなぁって思っています(・_・;

何が大変って、夜の電話当番の大変さは想像以上ですね。

訪問看護の仕事って、夜勤はないのですが、この電話当番の日は夜勤以上に大変って思っています(T ^ T)

患者さんには、体調が悪くなった時など連絡してくださいと伝えています。

一人暮らしの患者さんは不安が大きいですし、患者家族も病気の家族に大きな不安を抱えています。

だから、医療機関の閉まっている夜間は、さらに不安が大きくなるんでしょうね。

夜間の電話当番では、夜中に大したことのないことで電話が鳴り響いています。

電話の対応も楽ではないんですよね。

患者さんや、患者家族が落ち着くまで話を聞き、落ち着いてもらうまで、かなりの長い電話になることもあります。

電話の対応だけで済めば、まだいい方です。

体調不良の場合など、万が一のことがあるといけないので、駆けつけすることもよくあります。

先日は、夜中の2時に
「摘便して欲しい」
と家族から電話があり駆けつけました。

たしかに、便が詰まっていたら苦しいと思いますが、真夜中に摘便をすることになるとは...σ^_^;

そんな内容も多く、実際に命に関わるような危機な事態はそれほど多くはありませんね。

それでも、すぐに駆けつけしないと、クレームが来ることもありますからね。

クレームになるくらいなら、駆けつけした方が後々面倒がありません。

しかし、やはり病気を持っている患者さんたちですから、実際に救急搬送になったりすることもあります。

面倒と思いないがしろにして、後から取り返しのつかないことにならないよう気をつけなければと思いますね。

しかし、夜間の電話当番は本当に大変ですね>_<

2015年1月25日|